Monthly Archives: 1月 2017

You are browsing the site archives by month.

茅葺き屋根の葺き替えのお手伝い

茅葺き屋根の葺き替えをするというので、お手伝いに行ってきました。最初は悪くなった茅を職人さんがおろしてから、そこへ新しい茅を並べていくのですが、職人さんのやり方を見ていると簡単にできるような感じに思えるのですが、いざ、自分でやってみるとなかなかうまくいかないものです。職人さんが1回1回並べる茅の量は毎回同じ量になっているので、それを身につけるだけでも時間と努力が必要になってきます。茅を並べてから細い竹を使って、縄で絞めていくのですが、その縄を茅の奥の方に手をつっこんで、奥にある縦に並んでいる竹に縄を通してだすのですが、これも片手で行わなくてはいけないのでなかなか縄が通らないものです。職人さんはすばやくやっていくので10本通すころに、私がやっと1本通すといった感じになっております。縄を通した後は、縄を絞めていくのですが、この縄の絞め方もあるみたいで、1回やったからといって覚えられるようなものでは、なかったです。これが終わるとまた、茅を並べていき、今度は割った竹を使って縄で絞めていき、更に茅を並べていき、細い竹を使って縄で絞めていくといういくつかのパターンを繰り返し上の方までおこなっていきます。屋根の端の部分は、強風があたっても崩れ落ちないように、針金をつかって茅を締め付けたりします。しかもいくつかの束の茅を連鎖させながら縄を絞めたり、針金をつかって締めたりしているので、ここの端の部分は非常に重要な部分になっているのですぐに覚えることはできませんでした。茅を敷き終わると、今度はブーメランのように曲がった特殊な剪定バサミで茅をカットしていきます。カットした場所をみてみると、それは綺麗なもので、茅葺き屋根ならではの素晴らしさを見せてくれます。正面から見たり、斜め下から見たりして、色々な角度から見てもこの茅葺き屋根の姿は人を魅了する屋根となっております。ここは、かやぶきの宿として建っているのでいつまでも多くの人達に愛されることと思います。